ライブレポート

  1. Back
  2. LIVE REPORT:Sapporo*north2 LIVE Supported by オトキタ 雪まつりSP
北海道を拠点に活躍するインディーズミュージシャンを応援する“オトキタ”。2月7日(火)に「Sapporo*north2 LIVE Supported by オトキタ」雪まつりSPが開催された。
このイベントは札幌駅前通地下歩行空間北2条広場で定期的に行われる、オトキタ登録アーティスト1組によるアコースティックストリートライブの雪まつりスペシャルバージョン。「オトキタ」と市民の映像作品の発表の場として北2条広場を運営する「札幌市」が、北海道の若手ミュージシャンの活動支援を通じて、音楽と映像が融合した新たな創作活動の活発化を目指して開催。縦型大型6面ビジョンに投影されたミュージックビデオを背景にしながらアーティストがLIVE演奏する。
雪まつりSPの出演アーティストは、札幌を中心に活躍中の男女2人組エレクトロニカインストバンド「RETRO FUTURE」が登場!会場MCはフリーアナウンサー新谷明美さんが担当してくれた。今回はこのライブの模様をレポート!


今年はビデオジョッキー(以下VJ)とのコラボが実現!担当してくれたのは札幌市立大学在学中の女子大生2人組ユニット「おやすみクリームソーダ」の南さんと布施さん。VJ卓の隣のスクリーンには通行人にも見えるようにミュージックビデオ(以下MV)を放映。縦型6面ビジョンでの映像演出に加え、プロジェクターを用いて照明のような投写も行われた。華やかな演出の中、サポートGt.を加えた3名でのステージがドラマチックな「Journey to Live」からスタート。Dr.小島さんが「感動的な1時間にしていきたいです!」と挨拶をしアップテンポでエレクトロサウンド全開の「LogiCube」、インストならではの幻想的かつ壮大なスケール感が迫る「ネメシスの塔」へと続いた。MVの楽曲の1つ、歌モノ「Loop」を披露すると、より華やかな映像の投影と相まって、大勢の観客が押し寄せ、スペシャルなステージに注目していた。



トークコーナーは、「Loop」「Cosmic erroR」2本のMVについて、「Loop」は近未来感を出しつつも、光を実際にカメラに映しながらアナログな要素も出したかったと語ってくれたのは、両作品に関わった映像クリエイターサトウシンヤ監督。「Cosmic erroR」は経専学園経専音楽放送芸術専門学校で非常勤講師を務めるサトウさんと生徒さんの合作。学生さんのアイデアに溢れた作品となった。続いて、楽曲に合わせた映像をその場で変えるというライブ感を大切に演出していると語ってくれたVJ「おやすみクリームソーダ」をステージに呼んで紹介。
ライブの後半はプログレ感漂うハードな楽曲「Cosmic erroR」から再開。音と映像がリンクし、熱気を帯びた空間演出が広がっていった。バンドの特徴にもなっているKey.中村さんの傾いた鍵盤は手元がハッキリと見えてビジュアル的に面白い。松任谷由実「春よ、来い」のカバー、踊り出したくなるラテンジャズナンバー「Oroppas」。幸せな浮遊感漂う「PARADISE STATION」など多彩な楽曲を次々披露。ラストはクラップも飛び出した井上陽水の名曲「氷の世界」を ダンサブルでロックにRETRO FUTURE的アレンジで聴かせてくれた。



photo by Ema Shido

SET LIST

RETRO FUTURE
1. Journey to Live
2. LogiCube
3. ネメシスの塔
4. Loop
5. Cosmic erroR
6. 春よ、来い
7. Oroppas
8. PARADISE STATION -heaven bound-
9. 氷の世界
  1. Back
  2. LIVE REPORT:Sapporo*north2 LIVE Supported by オトキタ 雪まつりSP